IMAGE1
  • IMAGE1 IMAGE2 IMAGE3 IMAGE4
せきそうフィット
大きさ
520mm×520mm×33.5mm
原料
資源プラスチック(ポリオレフィン)
耐荷重
20t/0.04㎡
用途
駐車場、庭、玄関前、道路

 玉砂利敷面は不安定で歩行が難しく、また、車両の通過により、容易に敷面が変形し、折角の美観を損なっている場合が多く見られる為、新たに玉砂利の移動を防止する固定具を開発しました。
当社の「玉砂利敷面固定用具」を使用した敷面は歩行も容易となり、固定具が形成する紋様と共に表面も安定した美観を保ち続けることができます。
歩行通路、駐車場としての施工は、転圧した土地に固定具を並べ、砂利を敷くだけと簡単であり、一般的なコンクリート施工と比較し、日曜大工の様に工期が短縮でき、安価に仕上げることが可能となります。防草効果もあります。
 1㎡あたり4枚必要とします。箱状の隔壁の並びをゆるやかな波形にすることで、施工した際に変化のある意匠となることに加え、波形同士が噛み合うことで平面方向の横ずれが生じにくくなる設計になっております。製品自体が湾曲することで、ある程度地形の起伏に合わせて施工することができる設計にもなっております。

施工事例
dazaifu1
  • dazaifu1 dazaifu2 dazaifu3 dazaifu4
美観を保ち、人通りが多い箇所に
できる水溜りを解消
太宰府天満宮 楓社
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
2014年7月施工完了
以前の敷面の材質は土で、人が多く通る箇所が凹み、雨が降った際に水溜りができる状態でした。「せきそうフィット」を施工することで、人が多く通る箇所にも凹みがなくなり、雨の日の水溜りが解消されました。
kyouritsu1
  • kyouritsu1 kyouritsu2 kyouritsu3 kyouritsu4
雑草が生えず、砂埃、水溜りのない
駐車場
宇部協立産業 駐車場
山口県大字川上石仏555
2014年5月施工完了
以前の敷面の材質は土で、人が多く通る箇所が凹み、雨が降った際に水溜りができる状態でした。「せきそうフィット」を施工することで、人が多く通る箇所にも凹みがなくなり、雨の日の水溜りが解消されました。
nakatuse1
  • nakatuse1 nakatuse2 nakatuse3 nakatuse4
躓きを解消し、車いす、手押し車の
通行を可能に
中津瀬神社
山口県宇部市新天町2丁目2-19
2014年4月施工完了
以前は境内までの道に石畳を敷いておりましたが、年配の方や小さなお子様がこけることが良くあり、また車椅子や手押し車で通り難いという声がありました。「せきそうフィット」を施工することで、石畳のような段差はなくなり、老人や小さなお子様がこけることはなくなり、また車椅子、手押し車での通行が容易になりました。
せきそうフィットのメリット
歩きやすい
merito1
砂利が固定されていない場合は、歩行する際、砂利が沈み歩行がしにくいことがあります。せきそうフィットを使うことで、砂利が固定されているため、歩きやすくなります。
メンテナンスが容易
merito2
砂利上を人や車が通過した際に、砂利が波打ったり、剥げたりすることあります。これまでは、トンボなどでの整地が必要でした。せきそうフィットでは、砂利を固定し、砂利が移動しないため、整地が不要となります。また枯れ葉も箒で掃除することができます。
簡単施工
merito3
特殊な重機を使用せず、施工することができます。一般の方でも日曜大工の感覚で施工することができます。施工方法は、本ページの下部に記しております。
耐荷重性
merito4
耐荷重性が高くなるように、形状を地方独立行政法人の山口県産業技術センターと共同開発をしております。20tトラックが乗っても破損せず、耐荷重試験では20t/0.04㎡を達成しております。詳細は本ページの下部に記しております。
素材の耐年実績
merito5
せきそうフィットの素材は再生ポリエステルを使用しています。同素材を用いて作られた他の製品は30年経っても、使用できているとの実績があります。
車椅子も通行可
merito6
砂利の上は車椅子、手押し車、自転車など車輪がついているものでの通行は困難となっていました。せきそうフィットを使用することで、車椅子、手押し車、自転車などでの通行がしやすくなります。
透水性
merito7
せきそうフィットの下部には穴が空いており、単粒の石を用いるため、水が通る構造になっています。下層路盤が透水性の悪い場合でも、33.5[mm]の厚みを超えないかぎり水溜りはできません。
デザイン
merito8
せきそうフィットの構造は長方形とひし形を耐久性の観点から配置しています。また長方形、ひし形を組み合わせて作った構造はデザイン性があるものとなっております。
柔らかい雰囲気
merito9
人にもよりますが、天然の砂利を使うことで、自然に近い柔らかい印象になります。また普段の生活では砂利が敷かれている場所を踏む機会は少ないので、気分転換にもなると思います。
環境にやさしい
merito10
100%再生プラスチックを使用しております。1度使用したプラスチックになりますが、洗浄、溶解させ再精製しております。限りある地球の資源を有効に活用することで、資源の浪費をせず、地球環境にも貢献することができます。
カスタマイズ性
merito11
自分の好きな色、大きさの石を選んで施工することができます。部分的に違う色、大きさにすることで自分で考えたオリジナルの敷面を作成することができます。
部分的にも使用可
merito12
部分的にも使用することができます。人が歩く箇所だけなど、使用用途によってどこに使用するかを選ぶことができます。また斜面にも使用することができます。
施工方法
1.設置面の鋤取り
設定仕上げ面より、せきそうフィットの厚み分(3.5cm)の土を除去します。
2.設置面の整地
5センチ角程度の角材等を使用して、設置面をなるべく平坦にします。又、足が沈み込まない程度に転圧します。
3.設置位置確認
製品の位置決め用のラインを荷造りロープ等で設定します。
4.設置
位置決めラインに沿って一列目を設置。連結方法は、はめ込み式で、凹部に凸部を一枚ずつ、確実にはめ込みます。一列目が終わってから、二列目、三列目、と順番に仕上げた方が収まりが良くなります。
5.砂利の選択
せきそうフィット上の36個ある各マスのサイズは内寸法で5cm x 5cmであり、砂利のサイズは2センチ以下でないと、隙間が出来すぎる可能性があります。推奨サイズは1cmとなっており、隙間が少なく、透水性も良好となります。
6.砂利の充填
せきそうフィット一枚当たり摺切り充填時で約12kg(18kg袋入りの2/3)を目安に充填し、角材等を使用して敷きならして完了となります。
耐久性の高さの秘密
耐荷重性の秘密は、県の産業技術センターと共同研究し設計した、せきそうフィットの形状にあります。長方形とひし形の組み合わせをコンピュータシミュレーションによって圧縮に強い配置にし、構造を設計しました。
sekkei1
sekkei2
20トンダンプで玉砂利(黒玉石20mm)を敷き詰めたせきそうフィット上を通過させても破損は見られず、問題がありませんでした。
taikyu1
taikyu2
taikyu3
taikyu4
taikyu5
taikyu6
また圧縮試結果としては、4マス(180mm x 180mm)に対し200KNまでは、表面に疵は残るが構造の変形と割れは確認されませんでした。
assyuku1
assyuku2
assyuku3
assyuku4
施工提案
まだ施工実績はありませんが、こんな使い方ができるのではないかと考えたアイディアを挙げさせて頂き、紹介しております。
太陽光発電の敷面
メガソーラーの敷面には防草効果のある、砂利を敷き詰めることがよくあります。広大な敷地全てにせきそうフィットを敷く必要はありませんが、良く通る所、作業をする所にポイントで敷くことで、作業をしやすくなるのではないかと考えています。
砂利のスロープ
スロープでは坂道のため砂利が移動しやすく、また、車椅子など走行し辛いため、なかなかスロープ での使用はされていませんでした。せきそうフィットを敷くことで砂利が固定され、坂道でもずれることなく、車椅子も走行できます。
砂利で文字を書く
せきそうフィットは砂利を固定することができます。色の違う砂利を適当な場所に設置して固定することも可能です。大きな面積であれば、文字を書くことも可能だと考えています。
Product
top-product-1
砕石
宇部協立オリジナル砕石、真砂、砂、リサイクル商品を取り扱っております。
top-product-2
玉砂利
黒玉石、白玉石、錆砂利、南国砂利、五色砂利、各サイズ取り扱っております。
top-product-3
せきそうフィット
玉砂利を固定し、歩行しやすくするとともに、石が散らばるのを防ぎます。
top-product-4
Wボード
新素材ウッドプラスチックを用いた工事用ボードです。