パイプ穴拡張機
発破作業で爆薬を装填するためにパイプを使用しています。発破後、爆破によって破壊されなかったパイプの端材が出ます。この端材は短かったり、先が割れているため捨てていましたが、切ってつなげれば再利用できるのではないかと考えました。短いパイプ同士を繋ぎ、長いパイプを作る際に、片方のパイプの口が少し大きくなっていると、頑丈につなぐことができます。端材のパイプの両方の口は広がっていないため、今回はパイプの口を拡張する機械を開発しました。この機械を使って、パイプを再利用することによって、これまでの約半分の量のパイプしか使わなくて良くなる予定です。地球環境にもコストにも大きく貢献することができます。
IMG_5847_R
左側のパイプが機械を使って口を拡張したもので、右側のパイプがパイプの端材を切ったものです。
IMG_5848_R
パイプを繋げると、この様になります。
IMG_5841_R
パイプ穴拡張期の全体はこのようになっています。
IMG_5842_R
 斜めから見るとこうなります。
IMG_5844_R
この部分にパイプを入れ、押すことができます。
IMG_5846_R
この手前の固定具でパイプを固定し、奥の先端の部分をガスで加熱し、パイプ突っ込むことで穴が広がります。
Product
top-product-1
砕石
宇部協立オリジナル砕石、真砂、砂、リサイクル商品を取り扱っております。
top-product-2
玉砂利
黒玉石、白玉石、錆砂利、南国砂利、五色砂利、各サイズ取り扱っております。
top-product-3
せきそうフィット
玉砂利を固定し、歩行しやすくするとともに、石が散らばるのを防ぎます。
top-product-4
Wボード
新素材ウッドプラスチックを用いた工事用ボードです。